時代を見るためにこのサイトを作った

メロ@のら賢者のブログ「誓いの鉤爪」のアイキャッチサムネイル用に用意した画像

世の中の時代の流れがとても早く、激しいと日々感じています。

テクノロジーの進化は恐ろしいほどだし、

世界では大きな栄光を手にする人、未曾有の危機にさらされる人、

激動の時代にぼくらは生きています。

この時代とはなんなのか、

また時間とはなんなのか。

未来はどうなっていくのか、

そんなことを考えながら

あーでもないこーでもないとぼくの脳みそをこねくり回すために

このサイトは生まれました。

過去から学び、より良い未来を得る

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

という言葉があります。

ドイツの名宰相であるオットー・ビスマルクの言葉。

歴史ではさまざまな成功例ももちろんですが、

失敗例も豊富にあります。

それらから何かを学び取り、

より良い未来につなぐにはどうしたらいいのか。

何にも活かせなかったとしても

「考える」ということはやめずに続けていきたいなと思います。

ぼくが欲しいものは、

より良い未来です。

昔からタイムスリップものとか好きだった

アニメではドラえもん、

映画ではバック・トゥ・ザ・フューチャーとか

結構好きでした。

それ以上にテレビゲームで、クロノ・トリガーが大好きでした。

ヒロインキャラのマールが放った言葉、

「変えちゃおうよ! こんな未来! 私たちの手で!」

ぼくはこの言葉に衝撃を受けました。

そうか、未来は変えることが出来るのか。

子供ながらに、なにもないぼくでも何か出来ることがあるんじゃないかって

思いました。

それこそドラえもんののび太くんが時にセワシくんと時代を行き来して

問題を解決するように。

そんな少年時代を過ごして、

未来とか現代とか、過去とか、

時間軸とか時代とか

そういうものに惹き込まれていきました。

どうせなら楽しく生きたい、だから時代を見るんだ

せっかく生まれたなら、楽しく生きて楽しく死んでいきたいと

わりと本気で思っています。

何を楽しいと感じるのか、何をすれば「楽しさ」にありつけるのか、

どうやらそれは時代にフィットするのかというのにも大いに影響を受けることに

だんだんと気づいてきました。

例えばIT業界。

パソコンからスマホの時代になり、

これから先はどうなっていくのか。

まだ想像もつかないですが、

ITにフィットした業界は業績をバク上げしていますよね。

最近でいうとアプリとか動画とか。

いきなりアプリ作るぞー!とか動画作るぞー!とか

そんなうまいこといかないですが、

どこに時代の視線が集まっているのか、

トレンドはドコにあって、お金はドコに流れていくのか。

そういうのを考えることは

より良い未来へたどり着くためにとても重要だと思っています。

だからこのブログで気づいたことなどを書いていきたいと思います。

少子高齢化のこの日本と世界の人口増の国々を見て何ができるか

今の所は、ぼくはこの地球という星の

おそらく生まれ育った日本という国で一生を終えるんじゃないかと予測していますが、

日本は少子高齢化らしい。

そしてアメリカ中国は言わずもがな、

インドやアフリカの人口増や進化の速度も著しいようですね。

なるべく楽しく生きるためには、外国の進化も判断材料にしていくような時代がいつか来るかも知れない。

そんなモヤっとした危機感というかシナリオも可能性はゼロじゃない。

地球規模、世界規模での観察した感想なんかも書けたらいいなーなんて考えています。

まとめ、考える葦なりに考えてみます

より良い未来がほしいから日々の時代の流れや世界の動きを見て考えていきたいなという話

でした。

「人間は考える葦である」

フランスの思想家、パスカルの言葉です。

ようするに人間は弱い存在かもしれないが考えるという武器を持っているってことです。

考えることは人間の最強クラスの武器だと思って、

日夜考え続けていこうと思っています。

メロMero

メロMero

のら賢者⌛️

読んでくれてありがとうございます。Mero(メロ)です。のら賢者。ブログ「誓いの鉤爪(ちかいのかぎづめ)」は、トレンド、時代、未来、言葉など、ぼくが新しく見知ったことをバシバシ記録していきます。日本の東京に住んでいます。一人暮らし歴とAmazon購入歴10年以上。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際にAmazonや楽天などで買って使ってみたり感想や体験談を書いたりもしてます。わかること、出来ることが増えるのは楽しい。調べ屋。試し屋。コレクターでセレクター。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《最近欲しい知恵ジャンル》CBD、NFT、メタバース、and more…

カテゴリー:
タグ:
関連記事